即日融資可能なレイクのキャッシングカード申込み方法

知名度の高い消費者金融としてレイクがあり、即日融資を受けることが可能な点が特徴です。

 

レイクでは即日融資に対応している申込方法がいくつかあり、自動契約機やホームページ、携帯電話などの方法が選択できます。郵送の方法でもキャッシングを利用できますが、郵送を選択してしまうとその日のうちに融資は実行されませんので注意しておく必要があります。

 

レイクの自動契約機に行くことで、キャッシングカードの申込みができます。自動契約機で必要事項の入力を行うことで、すぐに審査が開始されて最短30〜40分ほどの時間でキャッシングカードが発行されます。カードを受け取ることで、すぐにATMを使用して融資を受けることができます。

 

自動契約機の営業時間は、平日と土曜日が8時45分〜24時まで、日曜日と祝日が8時45分〜22時まで、第3日曜日は8時45分〜19時までとなっていますので、来店する前に営業時間について確認しておくことも大切です。キャッシングカードを使って、レイクのATMや提携先のコンビニATMなどを使ったときには、いつでも手数料無料となるのでお得です。

 

レイクはインターネット上からの申込みが可能で、全ての手続きをネット完結できます。ホームページにアクセスをして申込みをすることで、必要事項の入力をして送信することで審査が開始されます。ネットから申込みをするときには、審査時間が8時10分〜21時50分までと決まっていますので、手続きを行う時間帯に注意しておくようにしましょう。

 

ホームページから申込みをしてキャッシングカードを受け取りに自動契約機に行くか、ネット上で借り入れ契約をするかを選択できます。自動契約機に行くときには、本人確認書類として健康保険証や運転免許証を持参する必要があり、ネット完結を選択したときには、カメラで書類の写真を撮影して、そのデータをメールに添付して送信する方法や、FAXを使って送信することで提出できます。

 

携帯電話を使った申込方法では、オンライン審査とオペレーター審査を選ぶことが可能です。オンライン審査は、ホームページから申込みをしたときと同じ要領となります。オペレーター審査では、9項目について入力して送信することで、オペレーターから電話がかかってきます。オペレーターの質問に回答することで、仮審査が開始される流れとなります。審査が完了してからは、ホームページ上での手続きを同じ流れで借り入れ契約を完結させることができます。

即日融資可能なレイクのキャッシングカードの申し込み手順

銀行のカードローンサービスであるレイクは、即日融資が可能な個人向けの融資サービスであり、キャッシングカードを所有する事で限度額までであれば、何度でも融資を受ける事が出来るようになります。

 

レイクのキャッシングカードの申し込み方法としては、ATMや窓口や郵送で申し込む方法が用意されている他に、インターネットを使った申し込み方法もありますので、様々な申し込み方が出来ます。申し込みには、本人確認書類として運転免許証や健康保険証が有効であり、これと併せて申込書を提出します。仮審査を受ける事が出来ますが、肝心なのは本審査を通過する事ですので、短時間で審査結果を知りたいのであれば、仮審査を受けずに本審査を受けるのが一番早い方法です。

 

融資を受ける額が何十万円、100万円など大金であれば、収入を証明する為の書類の提出が求められます。収入を証明する書類として有効な物としては、源泉徴収票や納税通知書などがあります。

 

即日融資を受ける為には、申し込みを出来るだけ早い時間帯に行う事が必要です。レイクは24時間受付をしていますが、営業時間は8時から21時ですので、即日に審査結果を求めるのであれば、この時間帯に行う必要があります。営業時間外に申し込んだ場合には、翌営業日に扱われる事になります。

 

本審査では、信用機関への問い合わせによるクレジット歴の状況確認や確認電話によって申込書に記載された勤務先などに所属しているのかといった事の確認が行われます。この作業によって、融資を行なっても返済が確実に行われるのかどうかが判断されます。審査を総合的に行なって融資をしても問題が無いと判断された場合には、メールなどで審査結果が通知されます。その後に正式に契約をする事によって、融資サービスを利用出来るようになります。

 

融資サービスは、審査の時に決定した限度額まで融資を受ける事ができ、返済をする時には提携ATMを使って返済を行う事になります。利息が掛かっていますので、返済の時には元金に利息を加えた額を返済していきますが、一定額を毎月返済する分割返済と一括で返済をする一括返済を選ぶ事が出来ます。分割返済では、残高リボルビング方式が採用されており、この返済を選ぶ事で無理をせずに毎月返済をしていく事が可能です。一方で、長期間の返済になってしまったり、返済総額が一括返済よりも大幅に高くなってしまうと言ったデメリットもあります。