レイクのキャッシングは無職でも可能なのか?

審査が早く、即日融資も可能なレイクのキャッシングは、審査も甘いのではないかと考える人もいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。元は消費者金融ですが、現在は大手銀行に吸収されており、他の消費者金融に比べるとむしろ審査は厳しいくらいです。

 

総量規制の対象となる消費者金融では、収入の3分の1までしか借入ができませんので、無職で無収入の人が融資を受けることはできません。レイクは総量規制の対象外ですが、毎月安定した収入がある人、というのが申し込みの条件になっていますので、やはり無職で無収入の人は難しいと言わざるをえません。

 

毎月安定した収入があれば、お金など借りる必要がない、と思うかもしれませんが、貸す側からしてみれば収入のない人にお金を貸すのは大変なリスクです。収入がなくてどうやって生活しているのかも疑問ですし、ましてや返済などできないだろう、と思われて当然です。もしも働いていない友人にお金を貸してくれと言われたら、返してもらえるか心配になるでしょう。それと同じです。

 

しかし、無職と安定収入がない、はイコールではありません。仕事はしていないが、株や不動産収入などで毎月収入があるなら、審査に通る可能性があります。ただ、デイトレーダーのように、儲かることもあれば損をすることもある、というような状態では、安定収入とは言えません。所有する不動産の家賃や年金など、毎月安定した収入があるといえる状態であれば可能性はある、というだけに過ぎません。年金収入があっても、融資条件である年齢の上限を超えていれば、借りることはできません。やはりアルバイトやパートでも良いので収入を得ることが先決です。

 

面接で採用が決まった、という状態であっても、まだ入社していなければ、無職と同じです。勤続年数が短くても審査に通らないことがあるくらいですから、まだ入社もしていない状態ではまず無理でしょう。ただ、自身が働いていなくても、配偶者に安定収入がある専業主婦の場合、申し込みが可能となっています。本人ではなく世帯の収入を信用している、ということです。但し借入をするのはあくまでも収入のない妻ですから、多額の借入はできません。急な出費で翌月には返せる、という場合に利用すると良いでしょう。

 

借りたい気持ちが強いあまり、本当は働いていないのに働いていると申告するなどしても、審査で必ず露呈します。虚偽の内容で申し込みをすれば、融資の可能性は限りなくゼロに近くなります。