レイクのキャッシングは多重債務者でも可能なのか?

即日融資可能なレイクは、基本的に高額な借金を抱え込んでいる多重債務者に対しては融資を行うことはしません。しかし、複数の会社からキャッシングをしているだけという意味ならばレイクからお金を借りることができる可能性は大いにあります。

 

そもそも、レイクのような消費者金融の融資の基準というのは一般の金融機関とはかなり異なっていて他の会社からお金を借りることがそのまま融資の判断基準として大きな影響をあたえることはあまりありません。何故かと言うと、融資の限度額に関する基準はその人の年収に依存する傾向があるからです。これは、貸金業者に対して適用される総量規制という融資に関する規制によって決められていることなので、多重債務者に関連する融資の可否もこの総量規制によって判断されます。

 

総量規制は、お金を貸す貸金業者とお金を借りる消費者の双方が融資の契約に関してトラブルが生じないように考えられた安全性を考慮した規制のことを意味します。仮に、貸金業者が限度を超えて消費者に対して融資をできると考えると、返済能力が存在しない消費者に対してもお金を貸すことが出来てしまうことになるので、消費者の負担は非常に大きくなってしまいます。その点、総量規制によって限度額の決まりが存在すると必要以上の融資を行うことが出来ないので返済をしてもらうことができなくなるという貸金業者側のリスクと返済をすることができなくなるという消費者側の両方のリスクを排除すること出来ます。

 

総量規制は、年収を基準とした具体的な限度額を定めていますのでこの限度額を超えて融資をすることはどのような貸金業者であっても認められていません。この基準は、借入の申請にやってきた消費者の年収の三分の一を基準としたものであるということが明記されており、この基準を上回る借入の申請はできないので基本的に大きな借金を抱えた多重債務者は融資を受けることが出来ないのです。

 

一方で、この年収の三分の一という範囲内であるのならばどのような形であっても貸金業者から借り入れをすることが可能であることを意味しますので、三分の一の限度額を超えていないのならば現状で複数の会社からお金を借りている場合であってもレイクから借り入れをすることは簡単にできます。

 

このように、レイクの即日融資には法律的な決まりが存在するので、融資が行われる時にはあくまでもこの決まりの範囲内で行われるということを理解しておきましょう。