即日融資可能なレイクのキャッシングカードの審査基準

レイクは、かつては消費者金融会社でしたが、現在では銀行のグループ会社であると同時に、銀行のカードローンとして事業展開をしています。その為、消費者金融会社時代は貸金業法における様々な制限がありましたが、銀行カードローンとして展開する事でそれらの規制が外れる事になりました。

 

レイクでは、即日融資が可能であり、キャッシングカードを申し込む事で限度額まで何度でも融資を受ける事が出来るようになっています。

 

審査基準は、利用条件を満たしている事と過去のクレジット歴が正常である事であり、これらのチェックは審査において行われます。レイクの審査では、仮審査と本審査の二段階で実施されますので、予め、必要となる本人確認書類と収入証明書を用意しておくと良いです。

 

収入証明書に関しては、何十万円以上の融資を一度に受ける時に必要となり、税金の納税通知書や源泉徴収票などが有効です。仮審査では、申込書や公式サイトの所定のフォームから必要事項を入力した内容によって審査が行われます。コンピューターによって審査が行われますので、最短30分程度で審査結果の通知が来ます。

 

その後、仮審査を通過した者に対して本審査が行われ、申込書や本人確認書類や収入証明書などで総合的に審査を行い、信用機関へ過去のクレジット歴の状況に関して問い合わせて参照を行います。この本審査を通過すれば、利用者は正式に契約をして、融資サービスを使う事が出来るようになります。

 

銀行の口座を既に所有しているのであれば、テレビ電話窓口などを通して申し込みをする事ができ、よりスムーズに審査を行ってもらえます。審査の受付は、営業時間である8時から21時ぐらいまでであれば受け付けており、この間に申し込みをしていれば、時間内に結果通知が行われ、時間外に申し込みをした場合には翌営業日に結果通知されます。

 

カードローンが使えるようになりますと、限度額まで融資を何度でも受けられるようになります。また、返済をすれば、限度額が回復しますので、回復した分、融資を受けられる余裕が出てきます。

 

お金を返済したい場合には、提携ATM経由で返済する事になり、返済額は分割返済の場合、残高スライドリボルビング方式に基づいて元金に利息を加えた額を銀行が計算して請求してきますので、その金額を月々返済していく事になります。その為、返済回数を少なくしておけば、それだけ利息が掛からずに済み、利用者にとっては負担が少なくなります。