即日融資可能なレイクのキャッシングで融資不可能になる理由

新生銀行のカードローンレイクは、信頼性も高く、即日融資も可能なため多くの方が利用しています。経営母体が銀行ですから、安心感がありますし、「すぐにお金が借りたい」という際には、即日で審査も可能ですから、利用者にとってありがたいサービスだといえるでしょう。

 

レイクの審査内容は、一般的な消費者金融・キャッシング等とほぼ同じであり、年収や勤務先、個人信用情報などを元にして行われます。比較的通過しやすいといえますが、融資不可能となってしまうケースも、無いわけではありません。

 

融資不可能になる理由として、まず「申し込み時の申請内容が事実と異なる」というケースが挙げられます。年収や勤務先、勤続年数、そして他での借り入れについてなど、事実と異なる内容を申請してしまった、という場合です。
こうした内容については、信用情報機関へ問い合わせることで、すぐに事実確認が取れるようになっています。虚偽の内容で申し込みをすれば、当然すぐに発覚してしまうのです。審査に不利な内容であったとしても、正確に事実を申請することが大切だといえるでしょう。

 

次に考えられるのが、「本人確認・在籍確認が出来なかった」というケースです。カードローンやキャッシングの審査では、電話などによる本人確認と在籍確認が必須となります。これが出来なかった場合、審査に通ることはまず不可能となってしまうでしょう。これらの確認は、勤務先と自宅、個人携帯電話などへの連絡によって行われます。最近では誰もが携帯電話を持っていますから、自宅に固定電話が無い、という方も多いのではないでしょうか。もちろん、固定電話がなくても申し込みをすることはできますし、審査通過もできるでしょう。しかし、一般的には固定電話で連絡が可能な方が、より信用度が高まり、審査に通過しやすいといわれています。

 

その他に融資不可能となる場合として、「融資額が年収と見合っておらず、高額すぎる」ということもあるでしょう。レイクはいわゆる消費者金融とはやや異なる立ち位置にあり、総量規制を受けませんので、「年収3分の1」という上限規制がありません。しかし、当然のことながら「無理なく返済できるであろう額」以上の借り入れは、難しいといえるでしょう。総量規制外とはいえ、やはり年収額の3分の1を目安に、借り入れを申し込んだほうが、審査に通過しやすいかもしれません。

 

融資不可能になってしまわないよう、これらの点に注意して、申し込みを行いましょう。